コラーゲン化粧品は浸透が決めて

コラーゲン化粧品は浸透が決めて

コラーゲン化粧品は浸透が決めてであり、「浸透」すべてとよく言われます。この「浸透」という意味を本当にわかって、コラーゲン化粧品を使用している女性はどれぐらいいらっしゃるでしょうか?

 

なぜなら、コラーゲン入りの化粧品なら何でもOKと思っている人も多いかもしれませんが、肌に浸透しているかどうかは不明ですよね?
化粧品をつけて、美容液を塗って、クリームでふたをしているから大丈夫と思いがちですが、それでも肌の表皮上に乗っているだけで浸透はしていないかも知れないのです。

 

なぜなら、コラーゲンという成分そのものだけを見た時に大きな特徴が一つあります。それは粒子が大きいということ。
だからナノ化=最小化しなければ肌の細胞壁の間からコラーゲンは浸透することができません。
もうひとつが、もともと皮膚にあるコラーゲンの型IIIというのがポイントとなってきます。

 

このコラーゲンでなければ、いくら肌に浸透して真皮までたどり着いても、皮膚は異物と判断して細胞壁でがっちりと防御し、中に浸透して弾力性の元にはなってくれないのです。

 

だからこそ、コラーゲン化粧品は浸透がすべてと言われるのですね。
コラーゲンという成分は肌の保湿や弾性に効果を示しますが、それが本当に効果となって現れるには、表皮から真皮にたどりつき、もともと存在していたコラーゲンと結束することで、肌の弾力が生まれます。

 

これでこそ、私達が期待するコラーゲンの効果だと思いませんか?

 

コラーゲン化粧品を使っているけれど、あまり効果が感じられないと思ったら、それはナノ化されていない、本当に粒子の大きなコラーゲンが配合されているだけの場合があります。

 

ナノ化されているコラーゲンではありません。だから、他のコラーゲン化粧品を探してください。今ならインターネットで調べれば、どんな成分でどれぐらいのコラーゲンが何%含まれているかを確認することができます。

 

しかも、化粧品のボトルの後ろには成分の多いものから順番につらつらと成分が記載されるようになりました。

 

これは法律が変わったからなのですが、あれを気にしすぎて食品を買おうと思ったら、スーパーでは何も買えないで帰ってきたというオーガニック大好きな人がいましたが、化粧品なら、防腐剤(パラベン)が入っているかどうか。

 

入っていないのが良いと思われがちですが、入っていないなら、使ったらポンプ式の底が上がり、密閉状態を保っている容器でなければコラーゲンだって腐敗します。

 

だから、一概にパラベンフリーという言葉の信者にならないようにしてください。化粧品なら口から入れるものではありませんから、少々パラベンが入っていても、大丈夫です。