コラーゲン化粧品といえばニッピ

コラーゲン化粧品といえばニッピ

コラーゲンといえばニッピ、ニッピといえばコラーゲンと言われるのはなぜかご存知でしょうか?

 

これは、日本全国に出回っている半分以上のコラーゲンは化粧品でも医薬、医療用でも株式会社ニッピのものなのです。
だから、ニットといえばコラーゲン、コラーゲンといえばニッピなのです。

 

会社自体も歴史が長く、戦前から違う分野で研究が進められ、戦後コラーゲン研究が進み、人と同じ型のコラーゲンを発見し、製造することに成功して、今の株式会社ニッピがあります。

 

他の会社の化粧品にもコラーゲンと書いてあれば、株式会社ニッピのコラーゲンの可能性がありますね。ニッピそのものもコラーゲン化粧品を販売しています。
もちろん顔の皮膚に一番多いIII型のコラーゲンを贅沢に配合したナノアルファというスキンケアクリームで、少々値段は高いですが、まとめ買いすると割引になりますので、一度ウェブサイトをのぞいてみてください。

 

特徴としては、今使っている化粧品のシリーズにまぜて使えること、全部シリーズを揃え治さなくてもいいところ。

 

そして、10mlのサンプル約2週間分が1080円(送料無料)で購入できます。この2週間で効果が実感できれば、9,720円35mlの2か月分を購入すればいいと思います。
では、コラーゲンは私たちの肌に何をしてくれるのでしょうか?それは保湿です。アンチエイジングのしわ、しみ、乾燥、くすみ、すべて乾燥という水分不足が起こっているのはご存知ですか?

 

まず水分をふくんだスポンジとそうでないスポンジを炎天下に晒します。水分を含んでいないスポンジは日焼けして、しぼみます。
人ならしぼむだけでなく、さらに乾燥してしわになり、メラニンを生成してシミになります。

 

つまり、水分が肌にあるかどうかでアンチエイジングが決まってくると言っても過言ではないのです。

 

それをコラーゲンがどうやって保湿してくれるのかといえば、III型らせん構造をもったニッピのコラーゲンは水分をキャッチしたまま(普通お使いの化粧水など)、肌の奥へ届きます。

 

そして、そのまま保湿をキープしてくれるのです。保湿するだけなら簡単ですが、それを維持するのはやはりIII型人型コラーゲンにしかできないわざなのです。

 

そして3本のらせん構造コラーゲンは繊維となって、細胞の形が崩れたり、細胞から栄養素が漏れ出ないようにキープしてくれるのです。だから、細胞が若さを保てる。
そして細胞の集合体である顔の皮膚も若さを保てることになるのです。コラーゲンのIII型というのをよく覚えておいてくださいね。